<   2010年 10月 ( 2 )   > この月の画像一覧

第33回東日本新人選手権競漕大会 2日目結果

10月2~3日の2日間において戸田オリンピックボートコースで第33回東日本新人選手権競漕大会が開催されています。
今回はダブルスカルA(S:1年村中、B:1年齊藤)とダブルスカルB(S:1年長塚、B:1年岡田)が出漕いたしました。

【2日目 10月3日 結果】
レースNo.38 女子ダブルスカル 決勝B
発艇時刻10:54
              500m   1000m  順位
1.共立女子大学B     2'22"35  4'43"95  5
2.東京海洋大学     2'13"21  4'23"54   1
3.慶應義塾大学医学部  2'14"29  4'29"98   2
4.山梨大学医学部A   2'17"23  4'41"22   3
5.山梨大学医学部C   2'24"44  4'43"71   4


レースNo.56 女子ダブルスカル 決勝A
発艇時刻14:00
             500m  1000m  順位
1.共立女子大学A   2'03"19  4'20"66  3
2.山梨大学医学部B  2'15"18  4'36"18  6
3.東京外国語大学   2'01"42  4'09"51  1
4.一橋大学A     2'05"79  4'12"36  2
5.学習院大学     2'17"16  4'33"20  5
6.一橋大学B      2'11"41  4'30"95  4


決勝Bに出場したBクルーは、まずスタートが出遅れてしまいました。水中での1本が短くなってしまいましたが、4位で500mを通過することができました。ラストスパートをなかなか上げきることが出来ず、ラスト200mところで5レーンに刺されてしまい、5位でゴールとなりました。レースまでに練習があまり出来なかったということもあり、1本大きく強く漕ぐことができませんでした。
決勝Aに出場したAクルーは、スタートでうまく飛び出すことができ、そのまま2位で進むことが出来ました。中盤、後半と徐々に落ちてしまい、ラスト250m付近で4レーンに刺されてしまいました。6レーンに最後つめられてしまったものの逃げ切り、3位でゴールとなりました。力いっぱい漕ぐことは出来ましたが、後半粘っていくことが今後の課題となりました。


「初めてのレースで3位入賞が出来ましたが、未だその重みがよく実感できないでいます。とても過酷に感じたレースでしたが、今自分の出来る全ての力が出し切れたことに満足しています。これからまたレベルの高いレースに挑んでいくことになりますが、ここで終わらないようにまた練習に励んでいきたいと思います!」
                                  1年 齊藤

「スタートがうまくいかず、昨日よりも出だしが遅くなってしまいました。前半はわりと着いて行けたのですが、500mを過ぎたあたりからペースダウンが激しくなってしまいました。1本1本丁寧に漕いでいけば刺されずにゴールできたかもしれないのに、自分たちの力を出し切ることが出来ずに5位でゴールとなってしまいました。次回は練習時間をできる限り増やして、今日のようなつまらない失敗を繰り返さないように精進していきたいです!」
                                  1年 長塚

二日間ご声援ありがとうございました。


共立女子大学ボート部 3年 藤原 麻里
[PR]
by kwu_bc | 2010-10-03 16:08

第33回東日本新人選手権競漕大会 1日目結果・2日目組み合わせ

10月2~3日の2日間において戸田オリンピックボートコースで第33回東日本新人選手権競漕大会が開催されています。
今回はダブルスカルA(S:1年村中、B:1年齊藤)とダブルスカルB(S:1年長塚、B:1年岡田)が出漕いたしました。

【1日目 10月2日 結果】
レースNo.18 女子ダブルスカル 予選A
発艇時刻11:42

                 500m     1000m    順位
1.東京外国語大学     2'08"29    4'26"44    1 
2.共立女子大学A     2'13"50    4'40"83     3
3.一橋大学B        2'22"04    4'53"40     4
4.慶應義塾大学医学部  2'26"64    4'59"08    5
5.一橋大学A        2'16"26    4'34"64     2
6.共立女子大学B      2'31"91    5'13"50      6


【2日目 10月3日 組み合わせ】
レースNo.38 女子ダブルスカル 決勝B
発艇時刻10:54
1.共立女子大学B
2.東京海洋大学
3.慶應義塾大学医学部
4.山梨大学医学部A
5.山梨大学医学部C

レースNo.56 女子ダブルスカル 決勝A
発艇時刻14:00
1.共立女子大学A
2.山梨大学医学部B
3.東京外国語大学
4.一橋大学A
5.学習院大学
6.一橋大学B

※なお、岸蹴りは発艇時刻の40分~1時間前に行います。

今回、1年にとっては初めての公式戦となりました。
Aクルーは、得意としていたスタートで飛び出すことができ、そのまま2位で進むことができました。第2、第3クォーターと安定して漕げていたものの、ラスト250mでレイトを上げきることができず、5レーンの一橋大学Bに刺されてしまいました。逆風も吹いており、なかなか思ったように1本1本を強く長く漕ぐことができず、練習の成果を出し切れなかったのが今回の反省となりました。
Bクルーは、スタートで一瞬遅れをとってしまったものの、第1クォーターでは他のクルーに着いて漕ぐことができました。第2クォーターからはどんどん他の艇と差が開いていってしまい、6位でゴールとなりました。最後まで諦めずに漕ぎきることができたのは良かったのですが、本大会までにダブルでの練習があまりできなかったため、レースまでにダブルで漕ぎ込むことが出来ませんでした。

「中盤から後半にかけて艇速を落とさないで漕ぎたいと思います。自分に甘えず、3位入賞を目指したいです!」
                             1年 村中

「前の人の動きにしっかりと合わせ、今日よりも良い漕ぎをしたいと思います。」
                             1年 岡田

明日は順位決定、決勝となります。
今回初めてのレースで両クルーとも戸惑うことがあったと思いますが、今日漕いで得たことや反省点があったと思います。それを明日の課題として生かし、自分たちのベスト、表彰台を狙っていきたいと思います。

皆様、お忙しいとは思いますが、ご声援ほどよろしくお願いいたします。


共立女子大学ボート部 3年 藤原 麻里
[PR]
by kwu_bc | 2010-10-02 16:27